もみあげはフツーでいいですか?

ただただ雑記ブログですがよろしくお願いします

アドセンスで「無効なトラフィック」犯人を捜せ

f:id:tetsute:20210226143321j:plain

 

アドセンス狩りかも?犯人は誰だ?

クリックしたのは「だぁ~れ?」

アドセンスの広告を何度も何度もクリックして「広告の制限」というペナルティーに追い込まれた私とあなた、悔しいですよね....(>_<)

好意で「儲けさせてやろうかな....」なのか、「こいつはめてやろうか....」なのかはわかりませんが、グーグルのほうでそんなのわかりそうなものだろう...と思いませんか?

そんな私やあなたのために、

 

特定の人を割り出す方法 

Google アナリティクス

必要なサイトは「Google アナリティクス」です。

まだ自分のサイトと紐づけできていない人はアナリティクスを導入してくださいね。

導入方法は「Google アナリティクス」で検索してみればいくらでもでてきます。

 

犯人は誰だ?

アナリティクスの最初の画面です。

ここから「集客」をクリックです。

f:id:tetsute:20210226135452p:plain

 

「すべてのトラフィック」をクリックです。

f:id:tetsute:20210226135646p:plain

 

「参照元/メディア」をクリック

f:id:tetsute:20210226140103p:plain

 

するとこんな画面になります

f:id:tetsute:20210226140243p:plain

 

「 サマリー 利用状況 eコマース AdSense 」のAdSenseをクリックです

下にスクロールしてみると....

f:id:tetsute:20210226140609p:plain

 

「クリックされた AdSense広告」欄を見ると、どんだけクリックされたかがわかりますから、「参照元/メディア」欄に....

心優しい犯人像が現れます(^^)/

 

そのサイトに足を運ぶとサイトのオーナー様とご対面になります。

サイトに行くには、URLを足掛かりに訪問しましょう。

「儲けさせてやろうか...」と思ってクリックしていただいたのか、「懲らしめてやろうか...」とクリックしやがったのかは自身で判断してください。

 

Google AdSenseの広告を張るときの注意点

「広告の制限」を回避するためにできること

こればかりは他人様がすることなので防ぎようがありません...

自己防衛しか出来ません<(_ _)>

 

巷でうわさされている、「2回クリック制」を導入すること...

このやり方は私も面倒なのでやるつもりはありません。

 

もう一つは、

「最初に表示される画面にAdSense広告をなるべく張らない」です。

この方法が一番有効な気もしますが、定かでもありません<(_ _)>

お任せします....

 

最後に

記事内広告は自己責任です...

これは意味が解らなかったのですが、たぶん記事内に張るとクリックも増えるかもしれませんが、「いたずらも増えるよ」といった警告のような気がします。

 

無効なトラフィック....「広告の制限」に負けずにお互いに頑張りましょう😀